AppleCare+より断然おススメ!iPhoneに買い替えたので「モバイル保険」を契約してみた!

節約

こんにちはナオキです。

先月、奥さんがスマホをiPhoneに買い替えた際、AppleCare+とモバイル保険について比較検討した結果、契約してみました。本記事では、モバイル保険のサービス内容とメリット・デメリットを詳しく紹介していきます!



スポンサーリンク
スポンサーリンク

AppleCare+とは


Appleが提供するApple製品専用の有償保証サービスです。
Apple製品には、購入後1年間のハードウェア限定保証がついており、利用者の過失がない自然故障であれば、修理や交換、返金といった対応を受けることが出来ます。
AppleCare+に加入することで、利用できる期間を1年延長することが出来ます。

保証サービス内容

・ハードウェア製品限定保証が1年から2年に延長
・無償電話サポートが90日から2年に延長
・純正パーツによる修理サービス
・画面修理が1回3,700円(税込)※2回まで
・画面以外の修理は1回につき12,900円(税込)※2回まで
・Apple専任スペシャリストへのチャットまたは電話による優先アクセス
・エクスプレス交換サービス

※契約金額増で盗難保険タイプもあります

個人的な感想

私自身もiPhone5sからずーっとiPhoneを使っていまして、機種変更の都度AppleCareに入っていました。当時は端末保障サービスがAppleCareぐらいしか無くて、これ以外に選択肢はなかったんですよね。加入しても結局のところ2年以内に、画面が割れたりバッテリーが劣化することもなくメリットを享受できなかったのが実際のところです。

よくあるのが、契約が切れた2年以降にスマホを落として画面を割ってしまったりバッテリーが消耗してしまうんですよね。そういった場合はAppleCareが使えず正規の修理代金が掛かってしまいます。私自身も契約が切れた半年後に本体落としてしまい画面修理費を全額支払う状況になりました。

モバイル保険


モバイル保険とはさくら少額短期保険が提供している保険で、スマートフォンをはじめとするモバイル機器(無線LAN、Bluetooth等)の保証サービスとなります。
スマホの補償を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

サービス特徴

加入条件

・基本的に購入後1年以内の端末
・購入から1年以上経っていても条件が合えば加入可能
(メーカーまたは通信キャリアが提供する有償の補償サービスに加入済み、かつ補償が受けられる状態の端末)

メリット

月額700円と安い

モバイル保険は月額700円(非課税)
契約期間の縛りも無いです。
1年なら8,400円、2年で16,800円となります。

スマホ以外のNW機器も契約可能

・スマートフォン
・タブレット
・ノートパソコン
・ゲーム機
・その他、無線LANやBluetooth搭載機器が該当(一部対象外もあります)

1契約で3台まで保証(主1台+副2台)

1契約で主端末1台、副端末2台の登録が可能です。
(例)主:スマートフォン 副:Switch+iPad

年間最大10万円の補償


主端末、副端末、修理可能・不能を合わせて年間最大10万円まで保険金が支払われます。
一度保険を利用しても、1年過ぎるとからまた最大10万円の修理費が適用されます

補償範囲が広い(盗難、破損、水没等)

契約端末の、盗難、一部破損、全損、水没等に対応しています。
※紛失は補償対象外ですのでご注意ください

機種変更時も継続補償

機種変更時もマイページから対象機器の変更を申請するだけですので手間が省けます。

契約期間が無い(2年以降も契約可能)

AppleCareだと2年間までの契約期間ですが、モバイル保険は2年以降も継続して契約が可能です。

中古スマホでも条件クリアで加入可能

中古ショップで販売されている端末は3ヶ月以上の保証期間があれば契約可能です。
※ヤフオクやフリマといった個人売買の場合は契約不可となります。


デメリット

ネットでの契約のみ

店頭契約が無いため、ネットでの契約のみとなります。
契約内容について不明点は、都度ホームページ上のチャット等で質問する必要があります。

バッテリー交換は補償対象外

消耗品はモバイル保険の対象外です。
バッテリーが消耗しても修理費は支払われません。ご注意ください。

主端末と副端末の補償額の差

主端末と副端末に補償額が異なりますので、設定時にご注意ください。
基本的に高価な端末は主端末で設定してください。
高価な端末が複数ある場合は、2契約されることをお勧めします。

ネットの口コミが無い事

色々探してみたのですが、現時点でネットの口コミ情報が無かったことがデメリットです。

AppleCare+との料金シミュレーション

iPhone12の画面が割れた場合の修理料金比較

モバイル保険 AppleCare+
保険料(累計) 修理費 保険料 修理費
12カ月 8,400円 0円 18,480円 3,700円
24カ月 16,800円 0円 3,700円
36カ月 25,200円 0円 33,440円
48カ月 33,600円 0円 33,440円

初年度から圧倒的にモバイル保険の方がコスパが良いです
一番最悪なのが、AppleCareに契約して3年目に故障することですね…
修理するとトータルで18,480円+33,440円の費用が掛かってしまいます。

どんな方におススメ?

・壊れた際の修理費が心配な方
・3年目以降も保証を受けたい方
・複数端末を保持されている方

申し込みに必要な物

・登録端末の正面撮影写真
・登録端末の背面撮影写真
・購入証明書
・クレジットカード
・登録端末情報(機種名,メーカー名,容量,シリアル番号/IMEI等)

まとめ

いかがでしたでしょうか。
モバイル保険はこの金額で3年目以降も保証してもらえますし、AppleCare+に比べても断然好条件の内容だと思います。新たに契約をお考えだったり、スマホ以外の通信端末を複数持っていたりする場合はうってつけの保険だと思います。

但し、実際の故障時サポートや保険金の支払い等は、まだ私が体験していないですし、口コミも殆どないので未知数です。もし保険を使うような状況になりましたら、本ブログで対応状況について記載する予定です。

興味のある方は、是非ご検討ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました